Go Down Gamblin' Blog

趣味の世界を中心に、私taipaが日々思うことを述べていきます。

四国札所歩き遍路 四十三番明石寺(前編)

仏木寺から明石寺まで10.6kmだからそれほど遠い訳ではないが、宇和島市と西予市の境である歯長峠を越えて行くのでかなりの起伏がある。いまではトンネルが掘られているが、昔の峠越えにはかなりの困難を伴ったと思われる。その割に道指南では、「はなか坂」とあっさり書いてあるだけである。

県道の先は、右も左も山である。県道をそのまま進むとたいへん大回りとなるので、へんろ道を歩く方が距離的には短い。問題は、大雨で通行できる状況にあるのかということであった。山の中腹にはいくつも雲が浮かんでいる。雨は強くなったり弱くなったりしているが、仏木寺にいたときと比べると小康状態といえそうである。

民宿とうべやの分岐を過ぎてしばらく歩くと、「四国のみち」の案内が左折を指示、同様にへんろシールも貼ってある。四国のみちには、午前中に大変な困難を強いられたので疑ってかかるが、へんろシールもあるのでこのルートが遍路地図の点線ルートなのだろう。仏木寺までにタイムロスがあったことだし、ここは短い(はずの)へんろ道を選択する。

へんろ道はしばらくは舗装道路が続いているが、安心できない。やがて高速道の脇に出た。このあたりにはパーキングエリアもインターチェンジもないが、資材置き場のようになっているのはこの先の歯長トンネルを掘った時に使ったものだろうか。そして、その少し先から、いよいよ登山道が始まっている。

道幅はそこそこ広く、地盤は細かい石が敷かれていて悪くない。ただ、峠道なので傾斜がかなり急だ。道の状況によっては引き返して車道を歩こうと思っていたのだが、500m1kmと歩いていると、ここまで登ったら進むしかないと思ってしまう。幸い、午前中の「四国のみち」ほどひどい道ではない。少なくとも服や靴に得体の知れないものが付くようなことはない。

石畳の道があり、林の中の平らな道があり、傘を差して歩いて行くと30分ほどで簡易舗装の車道に出た。迂回してきた県道である。仏木寺から2km、歯長峠まで1.2kmと表示がある。心配していたような倒木や崖崩れもなく、仏木寺への「四国のみち」のような暗くてじめじめした行き先もよく分からない道でもなく、まずまず安心して歩ける登山道であった。

県道に合流してから歯長隧道まで見通しの利かないワインディングロードだが、道幅もあるし傾斜も緩やかになった。少し行くと再び登山道との分岐があり、「苦しいのは最初だけ。快適な山道です」みたいなことが書いてある。しかし、せっかく県道に出たのだから余計なことはせずにあとはトンネルを越えるだけである。

何回か曲り角を過ぎると、向こうにトンネルが見えてきた。歯長隧道422mである。車道と歩道の区別がないけれども、車が全然来ないので特に問題はない。後から聞いたところでは、並行して走る高速道が無料区間のため、車はそちらに回るということである。

さきほどの登山道をそのまま行くと見送り大師というお堂があるそうだ。ここには昭和35年まで歯長寺というお寺があったということだが、その頃はもちろん高速道はなかったから、車で峠を越えようとすればここを通ったのだろう。しかし、道路以外に人工物の気配は全くなく、こんなところにお寺を建ててどうやって暮らしていけたのかと思う。

(この項続く)

p.s. 「四国札所歩き遍路」のバックナンバーはこちら。モバイルフレンドリー対応済。


仏木寺から歯長峠に向かう。ずっと雨で雲が低い。ここから先、峠を越えるまで自販機はない。


県道から分かれてへんろ道に入る。仏木寺への「四国のみち」を歩いた後だけに心配したが、まずまず安心して歩ける道であった。


登山道を経由して再び林道に合流、歯長隧道に到着。歩道はないが、並行する高速道が無料区間のため、車はほとんど通らない。左は峠を越える登山道。

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

拍手[2回]

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
taipa
年齢:
61
HP:
性別:
男性
誕生日:
1957/04/08
職業:
リタイアしました
趣味:
たくさん
自己紹介:
ハンドルは、足しげく通ったマカオの島から付けました。
当時から使っているので、昔の知り合いの方が分かるように引き続き使用しています。
以前、China方面からの大量のスパムに占領されてしまった苦い経験があり、コメント欄は数日間のみopenにしています。

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
2 3
5 7 9
12 14 16
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログカウンター


この数字は、2005年2月にniftyで開設してからの通算数字です。

忍者ランキング