忍者ブログ

Go Down Gamblin' Blog

趣味の世界を中心に、私taipaが日々思うことを述べていきます。

四国札所歩き遍路 ~番外霊場月山神社(その1)

さて、迎えて7回目となる四国札所の区切り打ち、今回は土佐清水からのスタートである。1年ぶりにスケジュールの制約がないので、高知空港に入って松山空港から帰るという長丁場のコースとしたのだが、計画段階で、前半と後半のペースがえらく違うことが気になった。

というのは、土佐清水から松山までの区間では、9日間で札所が宿毛にひとつ、愛南にひとつ、宇和島に3つ、久万高原に2つで合計7つしかない。あとは松山市内の3日間で7つあって、ひどく地域的に偏っているのである。だから、前半は歩いてばかりでお参りが少なく、後半は1日にいくつも札所を回ることになる。

もうひとつの課題は、金剛福寺の後は月山・篠山いずれかにお参りするのが不文律ということである。真念「道指南」には、「初遍路は篠山へ駆けると言いつたふ」とあるので本来は篠山観世音寺なのだろうが、残念ながら明治時代に廃寺となってしまった。篠山神社の建物は残っているものの1000mを超える山の上であり、しかも普段は無人という。かれこれ考え合わせると、まず月山神社に行くのがよさそうだ。

あとは宿の選択。今回歩くあたりが四国で最も宿の少ない地域であり、全国チェーンのビジネスホテルはほとんどない。そして、鉄道やバスを利用しようとしても本数が少なく、移動して宿に向かうという作戦も使いづらい。したがって、宿から歩き始めて宿で歩き終わるという、いわばお遍路本来の宿泊スケジュールになってしまうのである。

2017年10月10日、今回は前日午後便で四国入りする。年々早起きするのがきつくなっている上に、当日中に電車・飛行機・バス・電車・バスの7時間乗継ぎをしてから10km以上歩くというのは、リスクが大きいと思ったからである。それで前日は高知市内に泊まることにした。暗くなってから空港バスに乗って高知市内に入るのは、昔、出張で来たとき以来である。

翌朝、ホテルの部屋から駅前を見ると霧でぼんやり霞んでいる。暑くなるかもしれない。午前8時20分発のしまんと1号に乗って中村に向かう。中村までの乗車券・自由席特急券は合計4,140円。前回の須崎までと比べてずいぶん高い。

自由席は中国人旅行客でいっぱいだ。自分の席の他に大荷物でもう1席確保するものだから、余計混むのだ。数十年前、新婚旅行で大荷物を持って西海岸に行ったことを思い出した。以来、海外であっても大荷物で行ったことはない。

土佐久礼からトンネルを越え影野で地上に出ると、国道56号線と並行して走る。半年前に岩本寺まで歩いた道である。しばらく走って土讃線の終着駅窪川に着き、ここで中国人旅行客が大騒ぎしながら下りて静かになった。満員から乗客4、5人へ。これでは中国人観光客がいないとやっていけないというのも無理はない。

窪川を過ぎてすぐ、五色の幔幕で囲まれた岩本寺本堂が見えた。土佐佐賀では大規模公園、土佐入野からは松林を望むことができる。いずれも大雨の中を歩いた場所である。検札の女の子が来たので切符を見せると、そのまま回収されてしまった。

「出る時どうするの?」と聞くと、「フリー改札ですから」ということである。列車の本数も少ないし無人駅も多いから、改札も車内でやってしまうようだ。猫をバスケットに入れて乗ってきたおばさんがいて、にゃあにゃあずっと鳴いている。猫は狭いところが苦手だろうに、気の毒なことである。

終着の中村駅で下りると、10分後に出る土佐清水行きのバスがすでに止まっていた。そしてここにも中国人観光客が2人いる。大声で話しているので、なるべく離れて座る。ミニ大文字を過ぎ、ドライブイン水車からロッジカメリアの前を通り、以布利へと向かっていく。半年前に大岐海岸で見かけた高層リゾートマンションには、「売」の看板が掲げられていた。

11時過ぎに土佐清水市街に入り、海岸沿いの道に入る前のバス停で下車する。前回の終了地点は足摺病院バス停前のスーパー、サニーマートである。ついでなので、ここでヴィダーインゼリーやバナナ、ハンドタオルなどを補充して午前11時半、まずは竜串に向かって出発する。

スーパーを出た途端、真上から照りつけてくる日差しにたじろぐ。竜串まで12km、初日は足慣らしのつもりだったが、厳しい歩きになりそうだ。実際、土佐清水市街から約1km、バス通りを歩いただけですでに汗びっしょりになった。

そういえば、前々回の区切り打ちで、デイパックに入れた日焼け止めの乳液がお湯になってしまうくらい暑かったことを思い出した。体調(味覚)をおかしくした経験からなるべく道中で水分をとらないようにしようと思っていたのだが、そんなことを言っていられないくらいの暑さである。 何事も、頭で考えるようにうまくはいかないものである。

日陰を選んで歩くようにしているものの、どこを歩いても日なたという場所も多い。しばらく歩いて、ようやく日陰になった坂の途中でひと休み、先ほどスーパーで買ったカットパインを食べる。甘くておいしいが、とにかく暑い。30℃以上はありそうである。こういうときに限って、へんろ休憩所がない。今歩いているのは月山に向かうサブルートなので、それほどお遍路さんが歩くこともないのだろうか。

(この項続く)

p.s. 四国札所歩き遍路のバックナンバーはこちら。モバイルフレンドリー対応済。


高知ホテルの朝。後方の山並みが霧で霞んでいる。


前回歩いた土佐清水市街からスタート、まずは12km先の竜串を目指す。

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

拍手[5回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
taipa
年齢:
61
HP:
性別:
男性
誕生日:
1957/04/08
職業:
リタイアしました
趣味:
たくさん
自己紹介:
ハンドルは、足しげく通ったマカオの島から付けました。
当時から使っているので、昔の知り合いの方が分かるように引き続き使用しています。
以前、China方面からの大量のスパムに占領されてしまった苦い経験があり、コメント欄は数日間のみopenにしています。

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31