忍者ブログ

Go Down Gamblin' Blog

趣味の世界を中心に、私taipaが日々思うことを述べていきます。

奥多摩湖への最後の急傾斜で転倒 御前山(完結編)

惣岳山から1時間ちょっと歩くと、周囲の空気が変わった。杉の人工林で激しい日当りが遮られ、登山道の脇にハンモックをつるして休んでいる人がいる。ちらっと見るとスマホをやっている。ということは、電波が通じているのだ。携帯を確認したら、アンテナが3本立っていた。いつの間にか、人里近くまで下りてきているらしい。

そのすぐ先には、奥多摩湖を望む立派な展望台があった。眼下に、地図で見るのと同じ形の奥多摩湖が見える。この日は林の中ばかりを歩いてきて景色が開けた場所はほとんどなかったので、たいへん気持ちのいい景色だった。

時刻はすでに15時30分。どうやってもホリデー快速には間に合わないし、日帰り入浴している時間もなさそうである。せっかくなのでベンチに座って、残り少なくなった水を飲みながら景色を楽しむ。それにしても立派な展望台である。資材はどうやって上げたのだろう。

こんな立派な展望台を建てるくらいだから、ここからの下りはたいしたことはないだろうと思っていたら、すぐ下からこの日最大の試練が待ち受けていた。「転倒事故が多数発生しています」の立札に続き、ロープが張られた急傾斜が現れた。考えてみると、この日はじめてのロープである。岩が混じった乾いた地盤で、確かに滑りやすい。

これまで以上に慎重に下っていたら、少し先に何人かの人が集まっていて、年配のおじいさんが岩に腰を下ろしているのが見える。何だろうと思って見ていると、立ち上がっておぼつかない足取りで下って行く。どうやら家族連れの登山者で、おじいさんが転んで足をくじいたらしい。

すぐ後ろから5、6歳の女の子とお父さんの2人連れが下りてきた。確か、御前山の山頂でEPIガスでお昼を食べていた親子連れである。女の子は段差があると石に腰かけ、いったん座って落差を少なくしてから下りる。その座って立っての動きがたいへん素早く、あっという間に抜かれて前方を行くおじいさんとの差を詰めていった。

抜くならばこのタイミングだと思って親子連れに続き、おじいさん一行をパスする。そこで急いだのがいけなかったのか、今度は私が右足を滑らせて転倒してしまった。とっさに受け身をとったものの、左手の小指とヒジのあたりに擦り傷を作ってしまった。足をくじかないでよかったが、こういうことをしてはいけない。

そんなこんなで、奥多摩湖畔まで下りてきた時には、午後5時近くであった。御前山山頂から2時間の予定が、まるまる3時間。朝からのコースタイムは5時間のはずが8時間である。コースタイムは全く当てにならないと改めて思った。

湖畔に下りてからバス停までがまたえらく長くて、17時17分のバスに間に合うかどうかひやひやした。日帰り温泉に行く時間はないので小河内ダムのトイレをお借りして着替え、水道ですりむいた傷口を洗う。幸いにたいしたことはなく、ひりひりするたけで出血していないようだ。

もう一つ誤算だったのは、奥多摩湖まで下りれば自販機はあるだろうと思って下山途中に最後の水を飲んでしまったのだが、ダムの周辺には自販機はなくて、水分補給できないまま奥多摩駅まで行かなければならなかったことである。幸い、西東京バスが奥多摩湖発のバスを増発してくれて、定時よりも早く駅に着きようやくペットボトルを購入することができた。

奥多摩駅からは各駅停車を乗り継いで帰宅。ホリデー快速に乗るよりも2時間ほど遅くなってしまったが、いつかのように真っ暗な山道をヘッデン頼りに下りるようなこともなく、結果的にみれば計画通りに登って下りて満足できる一日であった(時間的にはほとんど同じなのだが、あの時は冬至だった)。
 
そして、今回の山行では標高差1000m以上を登り下りしたにもかかわらず、それほどつらい太腿・ふくらはぎの痛みが残ることはなく、少々の違和感も2~3日でなくなってしまった。この春は定期的に山を歩いてきたので、その効果かもしれない。たいへんうれしく思っているところである。

p.s. 「中高年の山歩き」バックナンバーはこちら。モバイルフレンドリー対応済。


大ブナ尾根は急傾斜の下降が続く大変な道ですが、サス沢山から奥多摩湖の展望は見事。歩いてきた甲斐がありました。


ところが、ここから下でこの日唯一のロープが登場。滑りやすい急傾斜で転んで擦り傷を作ってしまった。


午後5時になってようやく奥多摩湖へ。ところがダムが見えてからバス停までがやたらと長い。

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

拍手[4回]

PR

コメント

1. NFC東・南地区展望upしました。

リンクからGO DOWN GAMBLIN' SPORTSにお進みください。よろしくお願いします。

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
taipa
年齢:
61
HP:
性別:
男性
誕生日:
1957/04/08
職業:
リタイアしました
趣味:
たくさん
自己紹介:
ハンドルは、足しげく通ったマカオの島から付けました。
当時から使っているので、昔の知り合いの方が分かるように引き続き使用しています。
以前、China方面からの大量のスパムに占領されてしまった苦い経験があり、コメント欄は数日間のみopenにしています。

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31