Go Down Gamblin' Blog

趣味の世界を中心に、私taipaが日々思うことを述べていきます。

ウォードvsコバレフ2展望

WBA/IBF/WBO世界ライトヘビー級タイトルマッチ(6/17、LVマンダレイベイ)
Oアンドレ・ウォード(31戦全勝15KO)1.7倍
   セルゲイ・コバレフ(30勝26KO1敗1引分け)2.3倍

早いもので、前回対決からもう半年たつ。前回はジャッジ3者がいずれも114-113ウォード。私の採点では114-113コバレフなので再戦は妥当ともいえるが、村田vsヌジカムとの違いはそれほどなかったように思う。村田の判定をあれほど大騒ぎするのは、よく分からない。

ウォードvsコバレフに話を戻すと、確かに微妙な判定ではあったものの、コバレフがウォードを倒せなかったことも事実だし、試合後半をウォードが支配していたことも確かである。チャンピオンがコバレフだったから、挑戦者であるウォードがあの試合振りでいいのかという問題があったけれど、今回も同じ展開となればウォードの判定で仕方のないところである。

どの再戦でも注目されることとして前回の試合からの上乗せはあるかどうかだが、ライトヘビー級の実績が不足していたウォードは前回よりもいい試合をできる要素はあるものの、コバレフにあるかどうかは微妙なところ。というのは、パワーはそう簡単に強化されない上に、スタミナに至ってはいまさらどうしようもないからである。

前回明らかになったコバレフの弱点は、一発のパワーはあるものの足のある相手を捕まえきるだけの機動力はないし、ペースを握れない試合では後半の失速が明らかということである。ということになるとウォードは前回以上に足を使って試合を後半に持ち込むだろうし、それに対してコバレフが効果的な対抗手段があるかというと、ちょっと思いつかない。

一方のウォードも、スーパーミドル級でも相手を倒し切るだけのパワーはなかったし、ましてライトヘビー級では無理である。逆に考えると足を使ってテクニックでしのぐしか方法がない訳で、ある意味戦法に迷いがない。コバレフもアマキャリアはあるが、ボクシングをすればウォードの方が上というのは前回分かったし、あとは不用意な一発を食わないことだけである。

そういうボクシングが面白いかどうかは別にして、メイウェザー以来そういうボクシングスキルが重視されてきたことも確かである。もし結果が逆だったら笑われてしまうけれど、私にはウォード判定勝ち以外の展開がどうにも思い浮かばない。でも、ライブで見る必要もあまりないので、WOWOWの録画中継で十分である。 
 
p.s. ボクシング関連記事のバックナンバーはこちら

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

拍手[5回]

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
taipa
年齢:
60
HP:
性別:
男性
誕生日:
1957/04/08
職業:
リタイアしました
趣味:
たくさん
自己紹介:
ハンドルは、足しげく通ったマカオの島から付けました。
当時から使っているので、昔の知り合いの方が分かるように引き続き使用しています。
以前、China方面からの大量のスパムに占領されてしまった苦い経験があり、コメント欄は数日間のみopenにしています。

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1
4 6 8
11 13 15
18 20 22
25 26 27 28

最新コメント

[02/05 ビートル]
[02/05 taipa]
[02/04 taipa]
[02/03 ビートル]
[02/02 saitoh]

ブログカウンター


この数字は、2005年2月にniftyで開設してからの通算数字です。

忍者ランキング