Go Down Gamblin' Blog

趣味の世界を中心に、私taipaが日々思うことを述べていきます。

ポストルvsクロフォード統一戦

WBC/WBO世界スーパーライト級タイトルマッチ(7/23、MGMグランド)
    WBC王者 ビクトル・ポストル(ウクライナ、28戦全勝12KO)5.5倍
O WBO王者 テレンス・クロフォード(米国、28戦全勝20KO)1.2倍

ボクシング界はGGGvsケル・ブルックという今年最大のビッグイベントを前に他の試合が霞んでしまったが、今週のこの試合、来週のサンタクルスvsフランプトンも注目のビッグマッチであることは間違いない。また、この試合のアンダーカードでは、ミドル級上位ランカーに進出した村田諒太のMGMデビュー戦も組まれている。

ともに全勝王者であり、スウィフト・ガルシア後のスーバーライト級の覇権をうかがう両者の戦い。私はクロフォードに分があると思うと思うが、体格ではポストルが上回っているように思われるので、そのあたりが不確定要因となる。

ポストルはアルゼンチンの強打者、マティセをKOしてWBC王座を獲得した。試合VTRを見ていると、体格で上回るポストルの懐にマティセが全く入ることができず、最後のKOシーンはアクシデントだったかもしれないが、試合全般をポストルが支配していたことは間違いない。あのまま進んでも判定勝ちは動かなかっただろう。

最も懸念があるのは、マティセ戦の予想でも書いたように、大舞台の経験が少ないことである。その意味ではマティセ戦のスタブハブ・センターはいい経験になったが、今回はさらに器の大きいMGMグランドである。しかもアウェイで、1万人の観客ほとんどがクロフォードに声援を送るとなると、前回のようにうまくいくかどうかは分からない。

そして、マティセは確かに人気抜群の選手ではあるが、スウィフト・ガルシアやデボン・アレクサンダー、ザブ・ジュダーに敗れているように、テクニックのある選手をうまく捌けないという欠点があった。かたやクロフォードは攻防兼備のハードパンチャーである。頼りになるのは、マティセ同様に体格ではポストルが上回るということだが。さてどうなるか。

クロフォードはライト級から上げてきた選手で、なんといっても2年前にユリオルキス・ガンボアをKOした試合が印象に残る。他にもレイムンド・ベルトランやリッキー・バーンズといった有力どころに勝ち、スーパーライトに上げてから3試合はすべてKO勝ちである。

もともとアマチュア・スターで若い時から大会場で試合をしていて、ラスベガス、アトランティックシティ、MSGなど大会場での経験も豊富である。アマチュア時代にオリンピックに行けなかったという点は割り引かれるが、ガンボアをKOしているところからみるとプロ向きといえるだろう。

スーパーライトあたりのクラスになると一発のダメージは相当大きく、テクニックだけで1試合乗り切るというのはかなり難しい。コテルニクにせよマリナッジにせよ、テクニックは抜群なのだが攻防兼備のハードパンチャーと当たると分が悪かった。もちろん、メイウェザーという例外はあるのだが、ポストルがメイウェザーの域にあるかというとそれはちょっと。

そうした点を考え合わせると、クロフォードがポストルを捕まえるとみているのだが。クロフォードKO5割、判定3割。ポストルにも2割くらいの分はあるので、オッズは妥当な線。

p.s. ボクシング関連記事のバックナンバーはこちら

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

拍手[7回]

コメント

1. クロフォード ワンサイド判定勝ち!

クロフォードのワンサイド判定勝ちだったようです。昔のブロナーならいい勝負になったような気もしますが、いまではクロフォード圧勝でしょう。楽しみなのは、復活したマイキーでしょうか。

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
taipa
年齢:
60
HP:
性別:
男性
誕生日:
1957/04/08
職業:
リタイアしました
趣味:
たくさん
自己紹介:
ハンドルは、足しげく通ったマカオの島から付けました。
当時から使っているので、昔の知り合いの方が分かるように引き続き使用しています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5
8 10 12
15 17 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

ブログカウンター


この数字は、2005年2月にniftyで開設してからの通算数字です。

忍者ランキング