Go Down Gamblin' Blog

趣味の世界を中心に、私taipaが日々思うことを述べていきます。

パッキャオvsブラッドリーⅢ 展望

WBOインターナショナル・ウェルター級タイトルマッチ12回戦(4/9、MGMグランド)
O マニー・パッキャオ(57勝38KO6敗2引分け)1.5倍
    ティモシー・ブラッドリー(33勝13KO1敗1引分け)3.3倍

WBO正王座を返上したブラッドリーがWBOインターナショナルの王座決定戦というのも妙な話だが、いまや統括4団体のタイトルよりメジャーファイターのネームバリューの方が大きいという証明でもあるだろう。それはさておき。

これがラストファイトといわれるパッキャオ。東洋の軽量級ファイターが世界的にメジャーとなったのは、2005年から2008年にかけてのモラレス、バレラ、ファン・マヌエル・マルケスとの激闘からであった。

その後、クラスを上げながらデラホーヤ、リッキー・ハットン、ミゲール・コットを倒した試合は非常にエキサイティングだった。試合前には、そもそもウェイトが違うだろう、勝負にならないのではないかと思ったものだが(当時の試合前予想はこちら)、終わってみればいずれもパッキャオの圧勝だった。このあたりから、ファイトマネーも桁違いになっていった。

しかし、2010年のマルガリト戦を最後に、パッキャオの試合前にわくわくさせられることはなくなった。マルケス第4戦も、試合内容こそすばらしかったが試合前にはマンネリ感が満載だったし、メイウェザー戦もほとんど結果が見えていた。誤解を恐れずにいえば、2010年以降パッキャオは脅威を感じる相手とは対戦していないのである。

そのこと自体は、ファイターとして責められるべきではないかもしれない(興行としてはともかく)。リングに立つだけでメガファイトになるのだから必要以上のリスクを負う必要はないし、すでに実力の証明は十分している。また、すでに30代も半ばを過ぎたパッキャオが、売り出し中の新鋭とサバイバルマッチをすることもない。

そうしたことは十分理解できるけれども、それでもラストファイトの相手がブラッドリーというのは面白みに欠ける。たまたま前の試合をブランドン・リオス相手にKO勝ちしているとはいえ、ブラッドリーはKOパンチャーではない。利かない連打で主導権を支配して逃げ切るタイプの、あまり魅力のないボクサーなのである。

昔のパッキャオであれば、キース・サーマンなりケル・ブルック、少なくともスウィフト・ガルシアと戦っただろう。彼らと戦えばKO負けのリスクはかなりあるが(ガルシアにしてもブラッドリーよりは)、逆に倒した場合のインパクトも大きい。それよりも、戦う前から見る者をわくわくさせることができるという点で、ブラッドリーとは比較にならない。

という訳で、この試合にはあまり期待していない。両者ともピークを過ぎた選手なので、意外と倒し倒されの試合になる可能性はなくはないけれども、パッキャオが昔、デラホーヤやハットンを倒した頃の切れ味はみられないだろう。パワーだけ比較するとブラッドリーよりパッキャオが上なのは確かなので一応パッキャオだが、1・2戦と同様に判定決着が濃厚である。

オッズ的におもしろいのは、むしろセミファイナルのキング・アーサー・アブラハムvsヒルベルト・ラミレスのWBOスーパーミドル戦。

なんとラミレスがFavorite(1.6倍)だが、戦ってきた相手を比較するとまだまだアブラハム(2.9倍)に分があるように思える。まあ、キング・アーサーはアメリカではスーパー6で全敗で実績がない上に、体格的にはラミレスがかなり上回っているので仕方のないオッズではある。
  
p.s. ボクシング関連記事のまとめページはこちら

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

拍手[4回]

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
taipa
年齢:
60
HP:
性別:
男性
誕生日:
1957/04/08
職業:
リタイアしました
趣味:
たくさん
自己紹介:
ハンドルは、足しげく通ったマカオの島から付けました。
当時から使っているので、昔の知り合いの方が分かるように引き続き使用しています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5
8 10 12
15 17 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

ブログカウンター


この数字は、2005年2月にniftyで開設してからの通算数字です。

忍者ランキング