Go Down Gamblin' Blog

趣味の世界を中心に、私taipaが日々思うことを述べていきます。

村田vsヌジカム戦回顧

WBA世界ミドル級タイトルマッチ(5/20、有明コロシアム)
ハッサン・ヌダム・ヌジカム O 判定(2-1)X 村田諒太

私の採点は115-112村田ながら、村田が明らかに取ったのは3ラウンド(ダウンがあるので4ポイント)、ヌジカムが明らかに取ったのが3ラウンドで、後の6ラウンドはヌジカムの手数をとるか村田の単打を取るかの難しいラウンドだった。だから117-110村田もあるし、116-111ヌジカムもありうる。実際その通りのスコアカードが出ている。

西岡か山中が「この判定はよく分からないです」とコメントしていたけれど、WOWOWで毎週言っている判定基準の一番最初、「各ラウンドは独立した採点基準で評価される」をよくよく考えれば、こういう結果があることを陣営の誰かが予期すべきだったと思う。明らかに村田は余力を残していたので、判定が不利なことを分かっていれば別にやり方があったはずである。

4ラウンドにダウンを奪ったカウンターは見事だったが、さすがに世界上位ランカーのヌジカムは同じパンチは二度と食わなかった。何度かロープに飛ばされていたのは見栄えがよくなかったけれど、ほとんどのパンチはちゃんとガードしていたし、村田がヌジカムのパンチをガードしていたというのならヌジカムも同様である。

それでも、陣営が勘違いしたのは、村田がダウンを奪ってヌジカムは完全に効いてしまって、フットワークが逃げ一方になっていたからであろう。とはいえ、パンチ数の比較では村田1に対してヌジカムは5くらいあったはずで、あれではダウンを取るか明らかに効かせない限り、明白なポイントは取れない。

昨日の試合を見ていて、昔の日本人選手の世界挑戦十何連敗の頃を思い出した。実力が違ったという試合も多かったけれど、村田のように前に出るだけでパンチを出さないで、ずるずるラウンドを失うケースがたいへん多かった。挑戦者ではなかったけれど、畑山がロルシーに負けた試合もそういう試合だった。

あるいは、WBCのようにオープンスコアリング・システムであれば、村田陣営も違った作戦を取ったのかもしれない。しかしいずれにしても、左ジャブを終盤までほとんど出さず、ガードを固めて前に出て、単発の右だけというのでは、オリンピックのゴールドメダリストのボクシングとはとてもいえない。あれでチャンピオンになるよりは、結果的によかったような気もする。

先々週のカネロの試合のとき書いたけれど、チャベスJr.と村田のキャリアはたいへんによく似ている。弱敵相手に勝ちを重ね、世界挑戦もちゃんとした世界王者級ではない選手を選んだ。ところがここで結果が違って、チャベスJr.はきちんとパンチを当ててチャンピオンになったけれど、村田は追いかけただけで12R終わってしまった。

判定がどうなのかという疑問はあるにせよ(だから、再戦はあるかもしれない)、昨日の試合を見て、村田が本物のミドル級王者ゴロフキンや、ジェイコブスやレミュー、チャーロ兄に伍して戦っていける可能性があると思う人はいない。ラスベガスにも呼ばれることはない。日本限定で、オリンピックの肩書でやっていけるだけである。

それでも、世界の強豪と戦ってスリリングな試合を見せてくれるならいい。そうではなくて、勝てる相手を連れてきて勝てなかったり、余力を残して試合を終えたりするのだから、目的はボクシングではなく将来の芸能活動にあるのではないかと勘ぐられても仕方ないだろう。

昨日の有明の試合では、エルナンデスをKOした比嘉の試合がもっとも印象に残った。計量失敗して王座を失ったエルナンデスの体調が心配されたが、左右のフック、アッパーは強烈で、1R終わった時はとても歯が立たないと思ったものである(実際、歯を折られていた)。

ところが、2Rの右一発で盛り返し、さらに5Rに1回、6Rには4回ダウンを奪って逆転KOした。具志堅会長の感極まる姿と、香川さんの大興奮がたいへんよく理解できる一戦だった。おそらく昨日の試合を見て、「伝説」井岡は統一戦と言わなくなるだろう(とはいえ、現時点ではまだ井岡に分があるような気がするが)。

ちなみに、田中恒成と寺地息子が勝ったので、今朝(5/21)現在、主要4団体のライトフライ級チャンピオンはすべて日本選手である。私はチャンピオンの肩書よりも誰とどういう試合をしたかが重要だと思っているので、八重樫と田口以外は現時点ではそれほど評価しないけれど。

p.s. ボクシング関連記事のバックナンバーはこちら

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

拍手[5回]

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
taipa
年齢:
60
HP:
性別:
男性
誕生日:
1957/04/08
職業:
リタイアしました
趣味:
たくさん
自己紹介:
ハンドルは、足しげく通ったマカオの島から付けました。
当時から使っているので、昔の知り合いの方が分かるように引き続き使用しています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5
8 10 12
15 17 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

ブログカウンター


この数字は、2005年2月にniftyで開設してからの通算数字です。

忍者ランキング