Go Down Gamblin' Blog

趣味の世界を中心に、私taipaが日々思うことを述べていきます。

メイウェザー vs ベルト戦展望

WBA/WBC世界ウェルター級タイトルマッチ(9/12、ラスベガスMGMグランド)
O フロイド・メイウェザー(米、48戦全勝26KO)1.03倍
    アンドレ・ベルト(ハイチ、30勝23KO3敗) 17.0倍

アンドレ・ベルトはWBA暫定の王座を持っているので資格がないとは言わないが、メイウェザーが完封したビクター・オルティスとロバート・ゲレロに負けているので、どうにも勝敗への興味が沸かないのは仕方がない。本当ならWBAレギュラー王者のキース・サーマンとやるのが筋だが、それをしないのが「マネー」メイウェザーである。

これを勝てばロッキー・マルシアノに並ぶ49戦全勝無敗となるが、アクシデント(バッティングによる負傷引分け等)を除けばベルトの勝ち目がほとんどないというのはオッズどおりだろう。それにしても、ベルトといい、ブロナーといい、第二のメイウェザーと期待された選手が次々と失速する中で、唯一メイウェザーだけが孤高を保つことができているのはなぜだろう。

巷間よく言われているのがディフェンスである。確かに、メイウェザーの防御カンは他の追随を許さない。テクニック主体の選手によくあるところの打たれ弱さもない。体が柔らかく肩の使い方が巧いので、急所にパワーパンチをもらうことが極端に少ない。それらの長所を認めるにはもちろんやぶさかでないが、私はもう一つの要因として、マッチメークが巧みであることをあげたい。

メイウェザーのこれまでのキャリアにおいて、相手選手が登り坂の時に対戦した相手は、ディエゴ・コラレスとサウル・アルバレスしかいない。他の選手とは、すべてピークを過ぎてから戦っている。パッキャオしかりデラホーヤしかり、リッキー・ハットン、モズリー、ミゲール・コットみんなそうだ。マイダナだって、ブロナーとやったのは落ち目と思われていたからだし、今回のベルトもそのグループに含まれるだろう。

マルシアノの時代と違って、いまや4団体があり階級も細分化されている。メイウェザーがピーク時のマルガリトを避けたというのはありうる話だし(当時のマルガリトはパッキャオに負けた時とは違った)、今回もキース・サーマンを避けた。アミール・カーンはずっと待ちぼうけだし、スウィフト・ガルシアにもチャンスは来そうにない。ましてGGGとなんてやる訳がない。

こうしてみると、パウンド・フォー・パウンド最強といいつつも、最強の挑戦者を迎えるのは十年に一回くらいで、後はピークを過ぎた相手、勝てる相手を選んでマッチメークしているということが言える。もちろん、常に世界王者レベルを相手に30代後半まで戦って無敗ということは大変な偉業ではあるが、例えば、常に階級最強の相手と戦ってきたバーナード・ホプキンスと比べると、勇気というか、自らを追い込む覚悟がかなり違うと思ってしまうのは仕方がない。

この試合も、メイウェザー得意の安全運転となる可能性が80%以上ありそうで、ベルトの力の落ち具合と、かつてメイウェザーが鮮やかにKOしたフィリップ・ヌドゥのように体が堅いという弱点があるので、20%くらいは中盤KOの期待もなくはない。ただ、いずれにせよメイウェザーは「マネー」次第でまだまだ現役を続けるのは間違いなさそうだ。

p.s. ボクシング関連のバックナンバーはこちら

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

拍手[4回]

コメント

1. 意見

 管理人さんのおっしゃる事は全く分からないではありません。ただ世間的に言われる「メイウェザーが常に対戦相手を選んでいる」という論調には同意できません。それを示すよいテキストがありましたので貼っておきます(パッキャオ戦の前ですが)。

http://stet.hatenablog.com/entry/2014/03/06/082459

 階級アップによってパワーを目減りさせながらも、メイウェザーは常にトップクラスの一線級と戦ってきました。ハットンは全勝で勢いに乗る時期、モズリーはマルガリートをKOして復活した時期でした。かのハメドはマルケスを避けていましたし、デラ・ホーヤもマルガリートを避けました。ファイトスタイル等の好き嫌いはありますが、メイウェザーのマッチメイクだけが槍玉にあげられて批判されるのはフェアではないと思います。ベルトも以前から比べれば落ち目になりましたが、パワー・スピードには定評があるので決して楽勝な相手ではないと思います。
 ちなみに今回の試合予想ですが私もメイウェザーの判定勝利を予想します。エキサイトマッチの生中継ですが、私は生観戦しません。残念ながら興味はあまりありませんから(笑)。その点に関しては管理人さんと同意見です。

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
taipa
年齢:
60
HP:
性別:
男性
誕生日:
1957/04/08
職業:
リタイアしました
趣味:
たくさん
自己紹介:
ハンドルは、足しげく通ったマカオの島から付けました。
当時から使っているので、昔の知り合いの方が分かるように引き続き使用しています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5
8 10 12
15 17 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

ブログカウンター


この数字は、2005年2月にniftyで開設してからの通算数字です。

忍者ランキング