Go Down Gamblin' Blog

趣味の世界を中心に、私taipaが日々思うことを述べていきます。

ロマvsリゴ戦展望

WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ(12/9)
Oワシル・ロマチェンコ(9勝7KO1敗)1.22倍
   ギジェルモ・リゴンドー(17勝11KO1NC) 4.5倍

年末になって、たいへん興味深い一戦が組まれた。人気はともかく、ボクシングの面白さという点ではヘビー級のタイトルマッチよりこちらが上かもしれない。WOWOWもタイムリー・オン・エアだけかと思ったら、尾川戦が同日(興行は違うが)のためオンデマンドで中継してくれるのはありがたいことである。

当日計量というニュースが聞こえてきたので、当日130ポンドをロマはよく飲んだなと思っていたら当日は138ポンドリミットだった。それじゃ嫌がらせ以外にあまり意味がないと思う一方、当日138ポンドになるくらいだったらロマはライト級でもほぼ問題がないということである。マイキーでもロマに勝てるかどうか、私はロマに分があると思う。

だからといってリゴンドーに簡単に勝てるかというと、そうとは限らないのが面白いところである。ただでさえ消極策で知られるリゴンドーが自分から手を出すはずがなく、試合を作らなければならないのはロマチェンコの方である。いかにロマチェンコといえども、リゴンドーを攻め落とすのは容易ではない。

とはいえ、ロマチェンコは天才である。マネー・メイウェザーと比較すれば体のない分不利ではあるだろうが、テクニックだけみれば遜色ないかもしれない。サリドに負けたのは大きな失点だが、プロ2戦目で最もダーティーなプロであるサリドに体重超過されて戦えば、あれはあれで仕方のない結果である。かえって、プロで戦うとはどういうことか分かったのではなかろうか。

注目は序盤戦の攻防である。2Rくらいまで両者ほとんど手を出さないのではないだろうか。その中で、ロマチェンコがジャブでも当ててラウンドを押さえれば、あとはいつものスタイルでリスクミニマムで戦うだろう。リゴンドーの序盤の爆発力は注目すべきものがあるので、ロマも体が暖まらないうちに迂闊に踏み込めば、カウンター一発という展開もない訳ではない。

だが、ロマチェンコもそれは十分承知しているので、序盤で危険な距離に踏み込むことはないとみる。リゴンドーの強打は相手が踏み込んだ際のカウンターが主であり、リゴンドー自身が前進して戦うというのは考えにくい。おそらく、ロマチェンコはリゴの左を食わない距離と位置で戦うだろう。そのフットワークを見るだけで価値がある。

序盤でロマがペースを握り、大きな被弾がなく中盤以降に入った場合、ロマチェンコがいつものように相手を塩漬けにできるかどうかも面白い。リゴの位置取りと一発の威力はロマが戦ってきた連中より上なので、リゴが空振りを重ねて戦意喪失ということは考えづらい。そうなると、ロマは12R距離をとって戦いリゴはほとんど手を出さないというのが最もありそうな展開となる。

もし波乱があるとすれば、ロマがリゴを倒せると判断して相手の距離に入った場合である。リゴンドーはスーパーバンタムでもドネアとか天笠にダウンを奪われているように、打たれ強くはない。しかしダメージからの回復は早く、その試合は両方ともダウン後に逆襲したことを忘れない方がいい。

ロマチェンコが色気を出してKOを狙いに行った途端、リゴンドーの左が決まる可能性は決して少なくないとみているが、それはロマチェンコの出方次第。そうはならずに12Rロマのペースで大差判定というのが最も考えられる結果であろう。
 
p.s. ポクシング関連記事のバックナンバーはこちら

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

拍手[8回]

コメント

1. 負ける時もリゴンドー

考えていた以上にロマは強かったですね。これでまた相手がいなくなりそう。リゴンドーは棄権すれば倒されないけれど、まあ、これ以上やってもムダだったらやらないのもリゴンドーなんでしょう。次にお座敷がかかるかどうかは分かりませんが。

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
taipa
年齢:
60
HP:
性別:
男性
誕生日:
1957/04/08
職業:
リタイアしました
趣味:
たくさん
自己紹介:
ハンドルは、足しげく通ったマカオの島から付けました。
当時から使っているので、昔の知り合いの方が分かるように引き続き使用しています。
以前、China方面からの大量のスパムに占領されてしまった苦い経験があり、コメント欄は数日間のみopenにしています。

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1
4 6 8
11 13 15
18 20 22
25 26 27 28

最新コメント

[02/05 ビートル]
[02/05 taipa]
[02/04 taipa]
[02/03 ビートル]
[02/02 saitoh]

ブログカウンター


この数字は、2005年2月にniftyで開設してからの通算数字です。

忍者ランキング