忍者ブログ

Go Down Gamblin' Blog

趣味の世界を中心に、私taipaが日々思うことを述べていきます。

木村vs田中 WBOフライ級

WBO世界フライ級タイトルマッチ(9/24、武田テパオーシャンアリーナ)
O木村 翔(17勝10KO1敗2引分け)
  田中恒成(11戦全勝7KO)

対照的な両者である。デビュー戦KO負けから後楽園ホールの前座を続け、アウェイのUnderdogで金メダリストのゾウ・シミンをKOして檜舞台に上がってきた木村と、キャリア11戦にして2階級制覇、今回3階級目を狙う田中。このところボクシング人気の低迷を背景に日本人対決が増えているが、その中でも最も注目したいタイトルマッチである。

木村の最近のタイトルマッチは、五十嵐戦を除いてキー局で配信されない。もったいないことである。ゾウ・シミン戦はなぜかWOWOWで中継がなかったし、サルダール戦も同様である。TV局には痴呆症の終身会長を追っかける暇はあっても、試合を見る目があるディレクターがいないようだ。

今回は、チャンピオン木村よりも、名古屋で絶大な人気を誇る田中恒成の3階級制覇が注目されての全国放送である。世界戦を3連続KO勝ちするようなチャンピオンがなかなか出ないことを考えると、おそらくアウェイでブーイングを受けるだろう木村を応援する気持ちになってしまうのは仕方がない。

もう一つ木村を応援したい理由は、田中陣営が木村の前回防衛戦より前に9/24のスケジュールを発表したという王者気取りの頭の高さである。王座決定戦ならまだしも、挑戦者の分際で日時を指定するとは身の程知らずである。木村には正義の鉄槌を下してもらいたい。

とはいえ、木村のボクシングには危なっかしさが共存することも確かである。これまでの世界戦3戦とも、連打を受けてたじろぐ場面があった。いずれもパワーのない相手だったからやり過ごしたものの、田中の決定力を侮ってはいけない。

もし、田中がナチュラルウェイトであれば木村も苦しいと思うが、田中はミニマムから上げてきたという弱みがある。ミニマム級史上最強であったローマン・ゴンサレスはスーパーフライで完全に頭打ちになったが、フライ級の時から相手の体力を持て余す場面がみられた。伝説・井岡も、フライ級ではアムナットに余裕で負けた。

かつてレオ・ガメスがミニマムからスーパーフライまで連覇したが、当時はたいへん層の薄かったクラスであり、しかも大した相手と戦っていない。現在のフライ、スーパーフライあたりは以前と比べてレベルが高く、ミニマム上がりが簡単に勝てるクラスではない。

前半は間違いなく田中が小気味よく連打を決めるだろうが、そこで仕留めきれないと、木村のエンドレスのアタックが田中の体力を削いでいく展開となる。木村の判定か後半KOと予想するが、ホームタウン・デシジョンだけは勘弁してほしい。

p.s. ボクシング関連記事のバックナンバーはこちら

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

拍手[7回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
taipa
年齢:
61
HP:
性別:
男性
誕生日:
1957/04/08
職業:
リタイアしました
趣味:
たくさん
自己紹介:
ハンドルは、足しげく通ったマカオの島から付けました。
当時から使っているので、昔の知り合いの方が分かるように引き続き使用しています。
以前、China方面からの大量のスパムに占領されてしまった苦い経験があり、コメント欄は数日間のみopenにしています。

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31