Go Down Gamblin' Blog

趣味の世界を中心に、私taipaが日々思うことを述べていきます。

亀田 vs JBC職員、東京地裁判決

昨日の亀田 vs JBC職員A氏裁判の東京地裁判決については、WEBでもいろいろな速報記事が出ているし、読売新聞に載っているくらい社会的関心を呼んだニュースであった。あるいは亀田 vs 拳論の訴訟にも影響が出るかもしれないので、現時点での私見をまとめておきたい。 
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------
 (以下、弁護士ドットコムより引用)

日本のプロボクシングを統括するJBC(日本ボクシングコミッション)の職員が、亀田興毅・和毅両選手らに監禁・恫喝されたとして、両選手らを訴え、逆に亀田選手側も「名誉を傷つけられた」として職員に慰謝料を求めていた裁判の判決が9月30日、東京地裁であった。

倉地真寿美裁判長は「(両選手らが)強要、監禁、どうかつ及び暴行というべき違法行為に及んだとの事実は認められない」としてJBC職員の訴えを退け、亀田選手側が求めた慰謝料のうち320万円を認める判決を下した。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------

何回も繰り返すが、この裁判も亀田vs拳論の裁判も民事訴訟である。したがって本来は勝ち負けをつけるものではない。したがって、プレスリリースでは亀田全面勝訴みたいな書きっぷりになっているが(リリースしたのが北村弁護士だからそうなる)、実際のところ裁判所がどう判断したのかは判決文を読まなければ分からない。

そもそも、亀田側が請求していた損害賠償額は3200万円であり、実際に認められたのは320万円である。金額的にみると、行列のできる弁護士の一人勝ちというのが実態であろう。

さて、判決文も見ていないし、そもそも口頭弁論を聞いていないので推測するしかないのだが、問題は裁判所が、亀田・JBC間にトラブルがあったことを認めた上で職員の訴える監禁・強要等にはあたらないと判断したのか、そもそもトラブルはなくすべてJBC職員の虚言(うそ)と判断したのかということである。

上記の引用記事の裁判長の意見はおそらく判決文に書かれていることなので、ここから推測すると、「違法行為に及んだとの事実は認められない」というだけで、トラブルのあった事実そのものを否定したのではないと思われる。以下では、その前提で話を進めたい。

つまり、JBC職員が精神的な被害を受けたと主張して提訴したのだけれど、裁判所は「違法行為ではないので」損害は生じていないと判断してJBC職員の主張を認めなかった。裁判においては、基本的に原告側に挙証責任がある。JBC職員側は亀田側が違法行為をしたという証拠を示せなかったということである。

その点では、北村弁護士はさすがに行列ができるだけあって、ツボは外さなかった。JBCは統括団体で基本的にジムや選手を監督する立場である。したがって多少のトラブルは自力で解決しなければならないというのは、考えてみれば当たり前である。問題は、JBC職員個人が感じたような精神的圧迫が、損害賠償になじむのかということであったと思われる。

監禁・強要などの違法行為が立証できれば、当然、損害賠償請求は可能である。一方で、「密室状態」「威圧」だけでは損害賠償は難しい。おそらく裁判はそういう展開をしたのではなかったか。

私は以前、この裁判の今後の展開について、以下のような記事を書いた。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

だから裁判所としては、おそらく職員が精神的に圧迫される状況であったことを認定することになるだろう。亀田側からそうでないという立証がなされていないからである。ただし、職員個人が受け取る損害賠償の金額としては、ほとんど0、ないしきわめて小さいものとなる。実際にケガを負わされている訳ではないし、利害が相反してきびしい折衝を要すること自体は職務の範囲内と判断されるからである。

たとえば、コンビニ本部と加盟店オーナーのようなケースが近いかもしれない。立場的には本部が強いように思われるが、実際に本部から経営指導のようなものが行われるとした場合、職員個人の立場が強くなる訳ではない。

「誰のおかげで稼げていると思ってるんだ」とすごむオーナーがいるかもしれないし、「まだ話は終わってないんや」と退席を妨げられるケースもあるかもしれない。しかし、そうした場合でも、職員が損害賠償請求するケースはほとんどない。実害が生じれば警察マターだし、態度の悪い加盟店に対しては報告を受けた本部がその加盟店を除籍しておしまいである。

(2015/2/28)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

基本的に、この時と意見は変わっていない。だから、本線の亀田 vs 拳論で亀田側の主張は認められないだろうという意見も変わらない。何しろ、こちらの裁判では亀田側が原告なのである。そもそもトラブルそのものがなかったということを立証できない限り、亀田サイドの満足する結果は出ない。

ただ、可能性として、東スポでは使っていない「監禁」という言葉を記事では使っているということで、少額の認定はあるかもしれない。いずれにしても、亀田兄弟が自分達に付けた各1000万円の値札は、0ないし1割に満たない金額に買いたたかれることになりそうだ。
 
JBC職員にとって320万円という金額は大きいけれども、払えない金額でもない。一方で、世間一般がこの裁判での亀田側の対応をみて思い出すのは、「疑惑の銃弾」三浦和義
ではないだろうか。だとすれば、今後まともなメディアは亀田を敬遠するだろうし、金額以上のマイナスイメージを負ったということになりそうである。

p.s. 亀田 vs JBC+拳論裁判など、ボクシング記事のバックナンバーはこちら

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

拍手[9回]

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
taipa
年齢:
60
HP:
性別:
男性
誕生日:
1957/04/08
職業:
リタイアしました
趣味:
たくさん
自己紹介:
ハンドルは、足しげく通ったマカオの島から付けました。
当時から使っているので、昔の知り合いの方が分かるように引き続き使用しています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5
8 10 12
15 17 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

ブログカウンター


この数字は、2005年2月にniftyで開設してからの通算数字です。

忍者ランキング