Go Down Gamblin' Blog

趣味の世界を中心に、私taipaが日々思うことを述べていきます。

亀田vsJBC 1年経過(続き)

さて、本線の亀田vs拳論の訴訟である。亀田サイドの主張は「事実無根の報道により名誉を棄損され被害を受けた。損害を賠償せよ」であり、拳論の主張としては「そもそもその事実はあったし、東京スポーツも報道している。またこの記事には公共性・公益性があり、名誉棄損にはあたらない」である。

さて、昨日書いたように、JBC職員に対して亀田兄弟と亀田ジム関係者が精神的に圧迫感を与えたことは事実である。もちろん見解の相違はあって、職員が「身の危険を感じる」一方で、亀田サイドが「そんな意味で言ったんじゃない」ということはあるかもしれない。しかしいずれにせよ、事実無根という主張はJBC職員vs亀田の訴訟が起こった段階ですでに成り立たない。

だから亀田サイドとしては、「あえて公開しなくてもいいことを公表され、名誉を棄損され社会的評価が下がった」という主張に切り替えざるを得なかった。民事だからどういう主張をしてもいいのだけれど、この路線変更はかなり苦しい。

というのは、名誉棄損の範囲を広く取れば取るほど、憲法で保証されている表現の自由と抵触するケースが多くなる。そのため、過去の判例においては、①事実の公共性、②目的の公益性、③真実相当性、が証明されるものについては、刑法上の名誉棄損罪、民法上の不法行為に基づく損害賠償請求の対象とはならないこととしているからである。

今回のケースでは、③の真実相当性については、すでにJBC職員vs亀田の訴訟が起こされているし、JBCによる亀田ジム処分等とあわせて考えると、「真実あるいは真実と信じるに足る十分な根拠があった」、つまり、真実相当性があることについては亀田サイドの主張は成り立たない。

また、②の目的の公益性については、不特定多数を対象にしたボクシング興行がまっとうに運営されるべきことは公益性があると判断されるし、①の事実の公共性については、こうした事実を報道することによってインチキ興行に加担したり、不行き届きなジムに関係して被害を受ける一般人を減らすために、こうした事実を周知させる意味がある、つまり公共性があるということになる。(こうした事実を知ってなお関係したいという人は、それなりの覚悟を持って関係しているのだろう)

つまり、過去の判例から見る限りほとんど亀田側は「詰み」なのであるが、ここでもう一つ注意しなけれはならないのが裁判所の印象(心証)なのである。亀田サイドはこの部分においても、記者会見場にガラの悪い人を派遣したり、いろいろやっている。警察に被害届も出されているくらいだから、心証としては最悪である。

だから拳論サイドが気を付けなければならないことは、裁判所の心証を悪くしないために、亀田兄弟や関係者への人格攻撃ととられかねない行動をとらないということと、仮に最高裁まで行ったとしても持ちこたえられる財政的裏付けを用意するということである。前段についてはすでに拳論各位も承知しているようで、訴訟以来亀田問題はほとんどスルーしている。

後段については、訴訟応援カンパがまだ100万円にも充たない状況をみるとやや不安要素はあるのだが、資金面での不安は双方ともにいえることで、この点についても亀田サイドは相当追い詰められているようだ。

最近の亀1興毅のブログでは、世界チャンピオンはもっとビッグマネーを手にしていいみたいなことを言っているが、おそらく歴代世界チャンプの中でも上位の稼ぎを得てきたはずの亀1がこう言うということは、内情はかなり厳しいのではないだろうかと思っている。
  
p.s. ボクシング関連記事のバックナンバーはこちら

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

拍手[4回]

コメント

1. 不思議な一族

 亀田一家は本当に不思議な一族ですね。今から日本のリングに戻ってかつての虚実の栄光が取り戻せると本気で思っているのでしょうか?もし戻ることになれば、ブーイングの嵐でそれこそ精神の病を発病する可能性さえあります。ファイトマネーが安くても三兄弟全員アル・ヘイモンと契約できたんですから、アメリカンドリームに舵を切って進んだほうがはるかに有益だと思います。そちらにも振りきれないのがこの一族の性というべきなんでしょうか?亀田興毅は4階級制覇目指してゾラニ・テテあたりとやるのがベターだと思います。
 かつて日本を追われるように去っていき、日本人メジャーリーガーのパイオニアとなった野茂英雄を見習ってほしいです。

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
taipa
年齢:
60
HP:
性別:
男性
誕生日:
1957/04/08
職業:
リタイアしました
趣味:
たくさん
自己紹介:
ハンドルは、足しげく通ったマカオの島から付けました。
当時から使っているので、昔の知り合いの方が分かるように引き続き使用しています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5
8 10 12
15 17 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

ブログカウンター


この数字は、2005年2月にniftyで開設してからの通算数字です。

忍者ランキング