Go Down Gamblin' Blog

趣味の世界を中心に、私taipaが日々思うことを述べていきます。

河野 beats 亀田興毅@シカゴ

WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ(10/16、シカゴUICパビリオン)
河野公平 O 判定(3-0) X 亀田興毅

オッズを聞いた時は、ラスベガスまで買いに行こうかと思った。興毅1.1対河野7.0などというハンデはありえないからである。おそらく、河野ファンはスポーツブックなど買わないが、亀ファンには大口投票をする人がいるのでこうなったのだろう。(念のためいえば、William Hillなど「まともなところ」はこの試合のオッズは出していない)

試合展開はほとんど予想どおり。興毅は足を使えないだろうと予想したがその通り。打ち合いになったらいくらなんでも河野というのも予想どおり。あとはお互いのモチベーションと打たれ強さの勝負となった。(先週、試合予想をupしています)

興毅はバンタム級最後の防衛戦ほどひどくはなかったが、ほとんど一本調子の河野に対して打ち合いという最も相手が望む対応をしてしまった。ラスベガスでサラストレーナーに教えてもらって、「もう少し早く教えてもらっていたら」と言ったというけれども、そんなことは十年前から分かっていたことである。(10年前の当ブログにこんなことを書いている)

ちなみに、私の採点は115-109河野。試合としては、両者ほとんど休まずに打ち合ったのでスリルがあった。河野が効いたのは3回くらい、興毅が効いたのはダウンも含めて4回くらいで、これも河野の優勢。もらったダメージも、顔のハレをみれば明らか。そして、河野が2Rに受けたローブローはかつて多くの外国人選手が煮え湯を飲まされたもので、中立レフェリーでやれば当然反則である。

興毅に内藤戦の頃の力が残っていれば、足を使って河野の前進をいなし、細かくジャブを当て(もちろんガードの上に)、ポイントアウトしてチャンスにカウンターを決めることができたかもしれない。そうされた場合、河野には作戦の引出しがないから、逆の結果が出たことは十分ありえることだったと思う。

しかし、興毅にはそれができなかった。力が衰えていることが一つと、成長期にきちんとしたトレーニングをせず、日頃の生活から節制していなかったからである。私は、いくら態度が悪くても、コミッションといざこざを起こす人間であっても、ボクシングが強ければすぐれたボクサーであると以前から思っている。

例えばメイウェザーの性格の悪さは有名だし(なんたって「カネの亡者」である)、マイク・タイソンは禁治産者かつ性格破綻者である。エドウィン・バレロに至っては家庭内暴力の末に奥さんを殺して自分も死んでしまった。それでも、彼らがすぐれたボクサーであることには誰も異議をはさまない。リングの上で文句のつけようのない実績を示したからである。

亀田ブラザースを私が(そして多くの人々が)評価しないのは、リング外のパフォーマンスは達者だが肝心のボクシングがつまらないからである。これは、長男、次男、三男いずれも同じである。でも、少なくとも長男は、きちんとトレーニングすればそれなりのものを見せてくれたと思うけれど、十年遅かったようである(どうやら引退らしい)。

一方の河野。とにかく全米TV放映のある(あったと思う)試合で勝てたことは、本人にとっても、ジムメイトの内山にとっても、意味のあることだったと思う。ただ、今回は劣化度において亀1が上回っていたというだけのことで、河野が力を付けたということではない。残念ながら、他団体のどのチャンピオンとやっても劣勢だろう(もしかするとフライ級のチャンピオン達にも)。

あと、米国のリングで日本人選手同士が戦うというのは、やはり無理があったと思う。レフェリーが何を注意していたか二人には分からなかったと思うし(なにしろ河野は、「Still」とアナウンスされているのにきょとんとしているし)、「クリーンにファイトしないと試合中止だ」と言われた後、相手のバッティングやローブローのアピール合戦になってしまったのは、完全にレフェリーの趣旨を分かっていない(あのレフェリーも?だが)。

最後にもう一つだけ。テレビ東京でインターバルに流したスニッカーズの宣伝のセンスの悪さにはあきれた。あのCMを見て、スニッカーズに好意を持つ人が何人いるのだろうか。

p.s. 他にもボクシング記事あります。こちらへ。

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

拍手[10回]

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
taipa
年齢:
60
HP:
性別:
男性
誕生日:
1957/04/08
職業:
リタイアしました
趣味:
たくさん
自己紹介:
ハンドルは、足しげく通ったマカオの島から付けました。
当時から使っているので、昔の知り合いの方が分かるように引き続き使用しています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5
8 10 12
15 17 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

ブログカウンター


この数字は、2005年2月にniftyで開設してからの通算数字です。

忍者ランキング