Go Down Gamblin' Blog

趣味の世界を中心に、私taipaが日々思うことを述べていきます。

ジョシュアvsクリチコ ヘビー級新旧対決

WBA/IBF世界ヘビー級タイトルマッチ(4/29、ロンドン・ウェンブレースタジアム)
Oアンソニー・ジョシュア(16戦全勝16KO) 1.4倍
   ウラディミール・クリチコ(64勝53KO4敗) 2.8倍

ヘビー級久々の大一番である。新旧対決ということでいえば、レノックス・ルイスvsマイク・タイソン(2002年)、レノックス・ルイスvsビタリ・クリチコ(2003年)以来といっていい。私は過去50年最強のチャンピオンはレノックス・ルイスだと思うが、その根拠はこの2戦で新旧ライバルを下しているからである。

試合が決定した直後のオープニングオッズでは両者ほぼ拮抗したオッズだったのだが、ここへ来てジョシュアが人気を集めている。いまや日の出の勢いのあるジョシュアに対し、ウラディミールは41歳になり、しかもタイソン・フューリーに敗れて以来1年半振りの実戦である。このブランクはフューリーに原因があるので気の毒だが、不利な要素であるのは間違いない。

まずウラディミールについて言えば、1年半のブランクは初めてのことである。兄ビタリと違ってコンスタントに試合を行ってきていて、2003年、2004年の二度のKO負け後も半年で次の試合を行っている。激戦型の選手の場合、ある程度の試合間隔はプラスに働くこともあるが、あまり打たれていないウラディミールの場合どうだろうか。かえって試合勘が失われていることが心配だ。

それと、ウラディミールのこれまでの戦いのほとんどが、圧倒的な体格差を生かして、距離を保ってストレート系のパンチで決めるという試合であった。アッパーやフック系を試みた時期もあったけれども、結局はストレート系主体の戦い方に戻っている。

ある意味、戦法に幅がないということである。それでも幾多の挑戦者を退けてきたのは、体格差つまり距離の違いがあったことと、ボクシングの能力に差があったことが要因であった。ところが、今回の相手ジョシュアはウラディミール同様にゴールドメダリストであり、体格差もほとんどない。だから、いままでの戦い方で足りるかどうかは分からない。

そして、もう十数年前のことになってしまったが、コーリー・サンダース戦、レイモン・ブリュースター戦に見られるように、自分のペースで戦えなかった場合には打たれ強くもないしスタミナも十分ではないということを忘れてはならないだろう。

それでは、ジョシュアが盤石かというと、未知数というより不安要素がかなりある。最も重要なのは、ウラディミールと比べて経験があまりに少ないということであり、それに伴って、長丁場のスタミナが試されていないということである。

全勝全KOの戦績は見事ながら、7Rまでしか戦っていない。そして、世界タイトルマッチ常連との戦いがほとんどない。私のみるところケビン・ジョンソンくらいだが、負けが込んできてからのジョンソンなのであまり参考にはならない。チャールズ・マーティン、ドミニク・ブレジールくらいでは、ウラディミールが過去に戦ってきた相手と差がありすぎる。

同じヘビー級のデオンティ・ワイルダーが、全勝全KOだったのにタイトルマッチではスティバーンと判定勝負になり、その後の防衛戦も弱敵相手にあまり余裕のない勝ち方をしているのをみると、経験というものは決して軽視できないと思う。

だから本来ならば、ウラディミールとやる前に、ワイルダーと統一戦をやるとか、ポペトキンかルイス・オルティスと戦って経験を積んで頂上決戦に臨むべきだったのではなかろうか。もちろん、マイク・タイソンのように格の違い、経験の違いをものともせず片っ端からぶっ倒して王座に君臨するケースもあるから、断定はできないが。

どちらにもチャンスはありそうだが、兄ビタリと比べて、ウラディミールにはどうにも底力、紙一重になった時のプラスアルファが足りないような気がするので、私はジョシュアの上昇度に賭けてみたい。ただし、いままでのような戦い方ではなく、足を使ってウラディミールの射程に近づかない戦い方をするのではないか。だから判定になると思う。
 
p.s. ボクシング関連記事のバックナンバーはこちら

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

拍手[6回]

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
taipa
年齢:
60
HP:
性別:
男性
誕生日:
1957/04/08
職業:
リタイアしました
趣味:
たくさん
自己紹介:
ハンドルは、足しげく通ったマカオの島から付けました。
当時から使っているので、昔の知り合いの方が分かるように引き続き使用しています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5
8 10 12
15 17 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

ブログカウンター


この数字は、2005年2月にniftyで開設してからの通算数字です。

忍者ランキング