Go Down Gamblin' Blog

趣味の世界を中心に、私taipaが日々思うことを述べていきます。

謹賀新年 年末のボクシング回顧

あけましておめでとうございます。2017年もよろしくお付き合いください。まず、昨年末の世界タイトルマッチの回顧から。

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ(12/30、有明コロシアム)
井上尚弥 O TKO6R X 河野公平

予想記事で、「井上の勝ちは動かないが、左フックとかカウンターとか、新たな境地をみせてほしい」と書いたところ、計ったように左フックのカウンターで井上のKO勝ち。ロバート・バードも最初のダウンで止めるべきだったと思うが、ラスベガスでなく日本なので引っ張ったのだろうか。

いつも試合で拳を痛める井上が、あまり無茶振りをせずにジャブとかボディで河野の体力を削って行ったのはいい作戦。ああいう展開で、ここぞという時に強打をカウンターで入れれば、河野でなくても倒れる。井上にはぜひ今後もこういう戦い方をしてほしいと思う。

河野も何とか接近戦で局面を打開しようとがんばったのだが、井上をあわてさせるところまではいかなかった。5Rにいいのを当てたのだが、井上は意外と打たれ強いのでラウンド終盤では逆襲されてしまった。最後にカウンターを食った場面ではすでに動作が鈍くなっていた。放送時間の関係か、ほとんどVTRを流さなかったのは残念。
  
スーパーフライ級のリミットで戦えば、すでに現段階でロマゴンよりも強いと思うけれど、世界的にネームバリューを確立したロマゴンには今年一杯くらいの希望者が並んでいる。井上の体つきをみると、来年までスーパーフライでいられるとは思えないので、大橋会長としては何とかクアドラスの次に押し込みたいところ。八重樫ロマゴンの貸しは残っていないのかな。

WBAスーパー世界スーパーフェザー級タイトルマッチ(12/31、大田区総合体育館)
ジェスリル・コラレス O 判定(2-1) X 内山高志

 予想記事で、「コラレス自身はたいしたチャンピオンではなく、8割の出来なら内山がKO」と書いたとおりの試合だったが、内山は往年の半分の力もなく、まともに当たったパンチはジャブを含めて一つもなかった。それでも内山に行ったラウンドがあるのは、コラレスが勝手にバテてへろへろになったためで、たいしたチャンピオンでないのは間違いない。

毎日練習をみているジムの連中が、内山がああいう状態であるのを分かってカムバックさせたとしたら、ファンに対して詐欺師としかいいようがないし、分かってなかったとしたらお前らの目は節穴かという話である。とにかくジャブが出ないし、ディフェンスはガードするだけ。動体視力も反射神経も世界タイトルマッチに出せる水準ではなかった。

昨日の試合を見ていて、何十年も前のガッツ石松を思い出した。石松もテレビ局の思惑絡みで最後の試合に出て、全くコンディションができておらずKO負けした。でも、相手がセンサク・ムアンスリン(ロマチェンコも破れなかった最短世界王者)だし、タイトルを奪われたのもエステバン・デ・ヘスス(その当時デュランに勝った唯一の男)、ともにあの時代最高のチャンピオン達であった。

対して内山は、おそらくすぐに忘れられてしまう水準の王者に、2度も完敗した。前回の試合は出会い頭に一発もらったで済ませられるが、今回の試合は周到に準備してほとんどパンチを当てられなかったのだから、十数回防衛したチャンピオンとして最悪の結末である。私は内山を日本のP4P候補と思っていたが、残念ながらその評価はこの1回の戦いで急落である。

願わくは、観戦に来ていたモンスター井上が、この日の内山をみて何かを感じ取ってくれていたらありがたい。

ワタナベジムのもう一つの凡ミスは、田口の相手として連れてきたカニサレスであった。小型ロマゴンかと思って田口自身も準備してきただろうに、出てきたのはベネズエラの高山だった。超軽量級ではああいう戦い方がまだまだ効果があるということが分かったが、小さな相手が動き回れば田口でなくてもてこずるだろう。

つくづく、あの会長はカネ勘定ばかりで何も考えていないと思う。井上相手に果敢に勝負に行った河野だけがこの年末の成果だが、あのていたらくでは後に続く選手は出てこないだろう。これも「亀の呪い」か?
 
p.s. ボクシング記事のバックナンバーはこちら

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

拍手[9回]

コメント

1. シワクチャの国旗

國際配信される画像でシワクチャの国旗はねえだろー
ワタナベジムのテレ東も最低

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
taipa
年齢:
60
HP:
性別:
男性
誕生日:
1957/04/08
職業:
リタイアしました
趣味:
たくさん
自己紹介:
ハンドルは、足しげく通ったマカオの島から付けました。
当時から使っているので、昔の知り合いの方が分かるように引き続き使用しています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5
8 10 12
15 17 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

ブログカウンター


この数字は、2005年2月にniftyで開設してからの通算数字です。

忍者ランキング