Go Down Gamblin' Blog

趣味の世界を中心に、私taipaが日々思うことを述べていきます。

カネロvsスミス戦展望

WBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
(9/17、米テキサスAT&Tスタジアム)
チャンピオン リアム・スミス(23勝13KO1引分け)8.9倍
O挑戦者 サウル・アルバレス(47勝33KO1敗1引分け)1.13倍

Boxrecのパウンド・フォー・バウンド1位は、「カネロ」アルバレスである。リングマガジンの8位と比べると、かなりの高評価といえる。思うに、Boxrecの評価は点数制なので重量級に有利・人気者に有利となっているから、エリスランディ・ララやミゲール・コット、オースティン・トラウトに勝った試合が効いているのだろう。(ちなみにリング誌1位のロマゴンは、Boxrecでは12位)

それにしても、仮にもPFPトップとされるチャンピオンが、同一階級の王者であったGGGとの対戦を回避するのだから、その名には値しないと言わざるを得ない。例えばエリスランディ・ララが相手なら、すでに戦っているし試合が盛り上がらないからやる必要はないけれども、ゴロフキンとなら完全にかみ合う。どちらがよりマッチョかを争う試合になるのは間違いないのである。

ミゲール・コットを下した後、最初の試合はアミール・カーン。カーンをKOしてミドル級タイトルを返上し、スーパーウェルターに落として戦う相手がリアム・スミス。アルバレスはマッチョであることを放棄してしまったのではないかと疑ってしまう。メイウェザーと戦って一つ上のステージに上がるどころか、自信をなくしてしまったかのようなマッチメイクである。

前のカーンとの試合も、私の採点では五分五分だったが、WOWOWではカーン優勢と採点していたくらい主導権を取れていなかった。手数が少なくて動きが鈍いものだから、カーンのフットワークと軽いパンチに翻弄されていたようでもある。最後の決め手はさすがだが、あのオーバーハンドはカーンだからまともに食ったので、チャンピオンクラスにはそう簡単に決まらない。

そして、スーパーウェルターに落とすにせよ、チャーロ兄弟もララもいるのに、わざわざイギリスからスミスを呼んでのタイトルマッチである。MSGでやってもMGMでやってもリアム・スミスが無名であることに変わりはないだろうが、よりによってテキサスAT&Tである。場内がカネロ一色になるのは火を見るよりも明らかである。

(ちなみに、テキサスAT&Tとはカウボーイズ・スタジアムのこと。Fightnewsに、先週のNFL開幕戦NYG@DALにデラホーヤが行ったという記事が載っていた。5万人以上のキャパシティがあり、メキシカンが来場しやすいテキサスなので、カネロのファンが大挙押し寄せるのは必至。)

そして、このオッズ。先週のGGGよりもロマゴンよりも低い。ほとんど負ける要素がない戦いではあるが、こうした試合ばかり続けていていいのだろうか。確かに、カネロのマッチメーキングは昔からこうだったけれど、トラウト、メイウェザー、ララと戦ったあたりではマッチョ路線に移したのかと思っていた。

昨年の2試合(カークランド、コット)、今年の2試合とも、打ち倒されるリスクが小さい相手ばかりを選んでいるうちに、スーパーウェルターはチャーロ兄弟が力をつけ、GGGはますます手の届かないところに行ってしまった。さらにこれからブルックとかキース・サーマンがクラスを上げてくると、ますます苦しいことになるのではないか。

あるいは、数年前の「マラビージャ」マルティネスの路線で、これから当分英国勢を相手にするのだろうか。そういえばミドル級にはビリー・ジョー・ソーンダースがいて、アンディ・リー、クリス・ユーバンクといった世界ランカーもいる。このあたりならミドル級とはいっても、カネロにとって怖い相手ではない。

一方のスミス。まるでイギリスからタイトルを献上しに来たようなオッズだが、少なくとも敵地で判定で勝てるとは思っていないだろう。現在8連続KOの攻撃力でカネロを沈められるかどうかだが、いざとなるとディフェンシブに戦えるカネロの方が戦術の引き出しが多そうだ。

そして何よりも、スミスは英国以外で試合をしたことがなく、強い相手とも戦っていないというウィークポイントがある。カネロのマッチメイクには多々不満があるけれども、だからといってスミスを推すだけの材料に乏しい。カネロの判定勝ち。

p.s. ボクシング観戦記事のバックナンバーはこちら

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ

拍手[7回]

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
taipa
年齢:
60
HP:
性別:
男性
誕生日:
1957/04/08
職業:
リタイアしました
趣味:
たくさん
自己紹介:
ハンドルは、足しげく通ったマカオの島から付けました。
当時から使っているので、昔の知り合いの方が分かるように引き続き使用しています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 5
8 10 12
15 17 19
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

ブログカウンター


この数字は、2005年2月にniftyで開設してからの通算数字です。

忍者ランキング